MOLESKIN(モレスキン)の限定サクラエディションノートで春を彩ろう

手帳・文房具

最近ではさまざまな”メモ術”や”手帳術”などを始めとして、「このデジタル化の時代にあえて手書きで記録を残す」ことが見直されてきています。

そうした流行の後押しもあって、アイデアをアナログな形で残してみようかな、と考え始めた人も多いのではないでしょうか。

そんな”メモ”にとって、カナメとなる要素に「筆記用具」と「ノート」があります。

今回はその中でも、記録を残すための大切な「ノート」に注目したいと思います。

この春にふさわしい、「桜」が表紙にあしらわれたノートに、あなたの大切な記録を残してみませんか?

最新年度のバージョンについては以下の記事からどうぞ。

[sponsered link]


モレスキン(MOLESKIN)ノートブックとは

モレスキンノートブックの成り立ちなど

撥水加工が施された黒いハードカバーの表紙に、ノートを綴じるためのゴムバンド。

LOFTや東急ハンズといった大型の生活雑貨店、書店の一角や文房具店などで、こうした特徴を持つノートを見たことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

この、黒いハードカバーに綴じるためのゴムバンド、という特徴を持つノートは、イタリアのモレスキン社が販売する手帳ブランドから出ているノートブックのラインナップの、「クラシック」という最も代表的なシリーズの中のひとつです。

ちなみにモレスキンのオリジナルのものは19世紀後半にフランスのトゥールにあった製本業社によって手工業で製本されていました。

ヘミングウェイやゴッホ、ピカソを始めとした多くの有名人に愛用されており、その1人であるイギリスの紀行作家ブルース・チャトウィンの作品にもよく登場しています。

そんなモレスキンですがオリジナルは1986年に生産終了。
現在モレスキン社によって販売されているものは、1998年に復刻されたものです。

「芸術家や思想家に愛された伝説のノート」

というキャッチコピーはそうした背景から生まれたことがわかりますね。

モレスキンノートブックの標準的な特徴

現行のモレスキンノートブックの「クラシック」シリーズは、ポケット・ラージ・エクストララージサイズという3つのサイズで展開されています。

ポケットがA6サイズ、ラージが若干横幅がスリムなA5サイズ、エクストララージがB5サイズくらいだと思っていただければ、おおよそのサイズ感が掴めるかと思います。

中の用紙については横罫・方眼・ドット方眼・無地の4種が用意されています。

お値段はポケットサイズでも2,000円からとノートとしては高価な部類に入りますが……

ソフトカバータイプと違い、カバンに入れて持ち歩いても型崩れする心配が少なく、栞もついているので後で見返しやすい。

そうした、長く愛用することに向いている特徴なども、人気の理由の一端かもしれません。

様々なブランドとのコラボレーション

モレスキンノートブックのもう一つの魅力は、さまざまなキャラクターやブランドとのコラボレーションデザインノートだと言えるでしょう。

最近ではポケモンや

ミニオンズや美女と野獣、


スーパーマリオ、

ハリー・ポッター、

スター・ウォーズなど

店頭で見ているだけでも楽しいデザインのノートが定期的にラインナップに追加されています。

残念ながら、ノートのサイズがラージサイズのみもしくはポケットとの2サイズ展開、ノートの中身が横罫のみなど、種類が限定されていたりするのですが、

好きなキャラクターやブランドとのコラボノートが出た際は、お気に入りの一冊として手元に迎えてみてもいいかもしれません。

[sponsered link]


限定サクラエディション

そんな中、この春に発売されたのが、モレスキンノートブックの限定サクラエディションです。

2018年にも、いつものモレスキンノートブックとは違ったコットンキャンバス地に、春を彩る日本の代表的な花を表紙・カバーを開いた見返し部分にあしらった限定デザイン版は発売されたのですが、

2019年はまた昨年とは違った表紙デザインに仕上がりました。

また、昨年は横罫しかなかったのですが、今年は無地バージョンも追加されています。

なので、ノートの種類はポケットとラージサイズ、横罫と無地バージョンで計4種類!




欲を言えば、方眼タイプを販売してくれると嬉しいところですが……来年に期待したいところです。

モレスキンノートブック 限定サクラエディションまとめ

春は年度変わりを迎えるということもあり、お正月に次いで、生活にひとつの区切りをつけやすい時期でもあります。

「このデジタル化の時代にあえて手書きで記録を残す」

そんな新たな習慣をスタートさせたいという方も。

ちょうど年度の区切りにこれまでとはちょっと気分を変えて新たに記録を取り直したいという方も。

春らしいステキなデザインのノートを一冊迎えてみませんか?

最新年度のバージョンについては以下の記事からどうぞ。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント