映画『春の雪』あらすじ・感想・レビュー

映画

藤代あかり(@akari_fujishiro)です。

長く愛される文学作品が、それがいつの時代に発表されたものであれ、国を問わず、演劇やドラマや映画など、様々に形を変えて私たちの目の前に姿を表すことがあります。

それだけ時代を超えてもその文学作品を優れているもので、愛されているということですね。

そんな日本にも数ある文学作品の中で映画になったもののうち、今回は三島由紀夫氏原作の『春の雪』について紹介していきたいと思います。

その映像美は目を見張るものがありますので、機会があったらぜひ皆様の目でご覧いただきたいです。

[sponsered link]


映画『春の雪』概要

『春の雪』基本情報

『春の雪』は2005年に公開された日本の映画。
三島由紀夫氏の小説で全4巻からなる『豊饒の海』シリーズの第1巻『春の雪』が本作の原作となっています。

監督は行定勲氏。

本作以外だと窪塚洋介さん主演の映画『GO』や、大沢たかおさん・柴咲コウさん・長澤まさみさん・森山未來さんが出演されていた映画版『世界の中心で、愛をさけぶ』などの代表作を手掛けられた監督ですね。

大正初期の時代の悲恋を描く本作では公爵家の一人息子・松枝清顕(まつがえきよあき)を妻夫木聡さんが、彼の幼なじみであり伯爵家の一人娘である綾倉聡子(あやくらさとこ)を竹内結子さんがそれぞれ演じられています。

『春の雪』あらすじ

時は大正時代初期。まだ日本に家族や爵位といったものが残っている頃のお話。

公爵家の一人息子である松枝清顕(まつがえきよあき)と、幼なじみで伯爵家の一人娘である綾倉聡子(あやくらさとこ)は、実は両想いでありながら、なかなかその想いを結べずにいました。

そんな最中、聡子は宮家の子息である洞院宮治典王(とういんのみやはるのりおう/及川光博さん)から求婚されます。

この時代において、宮家との婚姻を断ることは許されない行為でした。

それでも、聡子は何度も清顕の気持ちを確かめようと手紙を書きますが、素直になれない清顕はそれを冷たく突っぱねる態度を取り続けます。

叶わぬ恋だと失望した聡子は、諦めて宮家との婚姻を受け入れる決意を固めます。

しかし、聡子がもう自分の手には届かない存在となることにようやく気づいた清顕は、ここに来てやっと、自分が聡子に深い愛情を抱いていることに気づきます。

ですが、この時すでに洞院宮治典王と聡子の婚姻に対して、天皇からの勅許(天皇などが直接発令する命令や法令)も降っている状態。

逆らえば本人どころか綾倉家の存続も危ぶまれる事態に発展しかねない、この婚姻は覆せない段階に来てしまっていたのです。

しかし、それでも一度目覚めてしまった清顕は諦めません。

受け取りもせずに処分していた聡子からの自身への想いを綴った手紙を世に公表するぞ、と半ば脅すような形で、清顕は聡子との秘密の逢瀬にこぎ着けます。

この密会はまた、聡子にとっても一度は諦めたけれど断ち切れない想い人とのもの。

秘密の逢瀬を重ねる2人は束の間、激しく愛し合います。

ですが、やがて聡子が妊娠し、2人の秘密の関係は両家に知れ渡ることとなってしまいます。

聡子の妊娠を盾に2人の関係をなんとかしようとする清顕ですが、聡子の婚姻は天皇の勅令がすでに下っている事案で、2人の関係を進めてしまえば、綾倉家は元より松枝家もタダでは済みません。

清顕と聡子の両親は話し合い、聡子のお腹に宿っている子どもを秘密裏に処理する方向でまとまり、大阪にいる松枝侯爵の知り合いの医師のもとでそれは実行されます。

けれど、聡子の心痛は深いもので、彼女はそのまま奈良の門跡寺院「月修寺」で、同行した母が目を話した隙に自らの手で出家してしまいます。

聡子が出家したことを聞きつけた清顕は、なんとか彼女に一目会おうと、春の雪が降る中寺院を訪ねますが、

清顕が何度訪ねようと、これは聡子の意思だと門前払いされてしまい、彼女に会うことは叶いません。

やがて、雪の降る中待ち続けた影響で、清顕は20歳という若さで亡くなってしまいます。

清顕がたびたび夢に見ていた蝶が二羽、滝の下を飛んでいく姿を映し、この映画は幕を閉じます。

[sponsered link]


『春の雪』のレビュー・感想

原作の『春の雪』ならびに『豊饒の海』シリーズについて

映画の感想・レビューに入る前に、まずは原作について。

『春の雪』を第1巻とした全4巻で構成されている『豊饒の海』シリーズは、三島由紀夫氏にとって最後の長編小説となりました。

というのも、最終巻の入稿日に三島由紀夫氏が、憲法改正のために自衛隊のクーデターを呼びかけ、直後に割腹自殺をするという「三島事件」が起きてしまったからです。

ちなみに本作は『浜松中納言物語』という平安時代後期の物語をよりどころとしているため、夢のお告げや輪廻転生が根幹にある小説でもあります。

というのも、第1巻『春の雪』において若干20歳にして亡くなってしまう松枝清顕が第2巻以降の各巻で転生した姿で登場するのですが、

そんな松枝清顕の親友だった本田繁邦(ほんだしげくに)もまた登場し、彼の転生後の人物の送る人生に(その全てではないものの)居合わせる、というのが全4巻に渡るキーポイントとなってくるからです。

ちなみに私自身は第1巻の『春の雪』しかまだ読めていません。

というのもそもそも原作を手に取ったのが、この映画の制作が決まり、どうやら竹内結子さんが出演されるらしいぞ、という情報を入手したから、という理由だったので、

『春の雪』が含まれている『豊饒の海』シリーズ全体については、当時さほど興味がなかった(失礼)からなんですね。

とはいえ、夢や転生といったテーマはわりと好きなので、機会を見つけて残りの巻を読み進めていきたいな、とは思っています。

映画『春の雪』について

とにかく!!竹内結子様が美しいから!!みんな観て!!

という個人的には1番大切な主張はさておいて。
(数多いらっしゃる女優さんの中でもトップクラスに美しいと思っている方なんですよね)

とにかく、風景にしろお衣装にしろカメラアングルにしろ、映像の美しさへのこだわりが余すことなく感じられるのが本作のオススメポイントのひとつではあります。

あ、別にストーリーに褒めるところがないとかそういったことではないですよ。

ただ、天皇・皇后両陛下を始め、宮家の皆々様以外はどんな立場だってオール庶民!

勅令もなく、結婚も家同士のもの、もわからなくはないけれど、やっぱり両性の合意で成り立つもの、という認識・価値観が広く一般的に広まりつつある現代において、

この物語が悲恋として成り立ち得る時代背景などにピンと来るか否か、というのは本作を楽しむにあたってのひとつの分かれ目になるのかな、とも感じます。

まぁ、清顕がいつまでもツンケンしてないで適切なタイミングでデレてさえいれば、

もっとすんなり2人は結ばれて、もっといえば20歳という若さで死なずに済んだかもしれないのにね、と思わないでもないですが。

あまりに彼は、美しいものと自分が美しくあること(外見だけではなく内面も)を重視するあまり、そのペースを唯一見出してくる聡子に、対して、素直になれなかったのはしょうがないことだったのかもしれません。

原作では丁寧に描かれていたこうしたひとつひとつのエピソードが、映画という尺の都合もあってかカットされている部分も多いので、

原作未読の方にとっては、清顕のそんな姿は幼稚・我がまま・身勝手なように映ったかもしれませんが。
(その点は少々残念なポイントではある)

最後に、宮家の殿下にミッチー王子を配したのは正解中の正解だったと思います。

また、本映画の主題歌・宇多田ヒカルさんの『Be My Last』も最高です。こちらも合わせてぜひ聴いていただきたい。

[sponsered link]


映画『春の雪』まとめ

というわけで、映画『春の雪』を紹介してきました。

もし、少しでも面白そうだと思っていただけてら、ぜひこの機会に観てみてください。

コメント