映画『謝罪の王様』 ザ・クドカン×阿部サダワールド全開作品

映画

もしこの世の中にプロの謝罪師なる職業があったとしたら、あの企業も、あの有名人も、あの政治家も、謝罪のつもりが火に油を注ぎまくって自爆テロ、みたいな結果にならなかったんだろうか。

なんていうことを考える事案が定期的に起きている気がするこの世の中。

とはいえ、まぁ現実は物語の如くうまくいかないものよねぇ、ということを考えながら最近観た『謝罪の王様』という映画を今回は紹介したいと思います。

『謝罪の王様』概要

映画『謝罪の王様』は『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』などを手がけた主演・阿部サダヲ氏、脚本・宮藤官九郎氏、監督・水田伸生氏のトリオによる2013年公開の日本の映画。

架空の職業“謝罪師”を主人公に、いかなる難題にもありとあらゆる謝罪テクニックを駆使して解決に導いていく主人公の活躍を描いた奇想天外ナンセンス・コメディ。

作品としては、井上真央さん、竹野内豊さん、高橋克実さん、松雪泰子さんなどバラエティに富んだ豪華キャストの共演とともにオムニバス形式で描かれています。

なお、本作のあらすじは以下の通り。

ヤクザな男の車相手に追突事故を起こしてしまった帰国子女の倉持典子。欧米の習慣が災いして、うまく謝罪できず泥沼に。そんな彼女が頼ったのは、“謝罪のプロ”を自任する東京謝罪センター所長、黒島譲だった。そして、黒島の見事な“謝罪”でどうにか窮地を脱した典子は、そのまま黒島のアシスタントとして働くハメに。やがて2人の前には、一筋縄ではいかない大小様々な難題を抱えた、ひと癖もふた癖もある依頼者たちが次々と現われるのだったが…。
引用元:映画 謝罪の王様(2013)について 映画データベース -all cinema-

[sponsered link]


『謝罪の王様』のレビュー・感想

これは好き嫌いがハッキリ分かれそうな作品だなぁというのがまず初手で抱いた感想。

ストーリー性やメッセージ性を強く求める人にはオススメできないし、私自身はクドカン好きなので楽しめましたが、コメディと一口にいってもその笑いのテイストって十人十色なので…

クドカン×阿部サダでキンキラキンなポスターですから、この組み合わせ見たことあるぞ!という方にとっては割とイメージ通りのテンションだと思います。

個人的には一回だけ観に行ったことがある、吉本新喜劇みたいな空気を感じました。

ちなみについさっきメッセージ性はあまりないというような趣旨のコメントをしていますが、黒島譲が謝罪師業を営むに至ったエピソードから「誰に、何を、謝ってほしいのか」という点に関しては、私もちょっと考えるところがあったかなぁという感じです。

一点だけ、小学生の数年間とはいえ帰国子女の端くれとしては「欧米には、むしろ謝ったら負けである、という文化がある」みたいな感じで、

うまく謝れない=帰国子女だから、みたいな取り上げ方はやめてほしいなとちょっと思ってます。この作品に限らずですが。

自分が典型的?とされる日本人仕草ができているか否かはさておきますが、純日本育ちであっても個人の資質・家庭環境によるところもあると思いますしね。

多少失礼かもしれませんが、ジッと真剣に観るというよりは、ながら見しながらクスッと笑えたら、くらいの感覚で観るのがちょうどいい作品と言えるかもしれません。

[sponsered link]


『謝罪の王様』まとめ

というわけで、『謝罪の王様』を紹介してきました。

ちなみに『謝罪の王様』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント