映画『旅猫リポート』 愛猫と旅する物語

映画

最近ずっと猫が出てくる映画ばかり観ている私ですが(と、その紹介記事を書くたびに同じことを言っていますが)、

ご時世柄なかなかできない猫との「旅」をテーマにした映画を観たので、

今回はそんな映画『旅猫リポート』を紹介したいと思います。

『旅猫リポート』概要

映画「旅猫リポート」は有川浩さんの同名小説を原作として公開された日本の映画。

主演は福士蒼汰さんがつとめ、愛猫ナナの声は高畑充希さんが担当。他にも広瀬アリスさんや竹内結子さんなど、豪華な出演者が揃い踏みとなっています。

なお映画『旅猫リポート』のあらすじは以下の通り。

ナナは人間との馴れ合いを嫌う誇り高き元野良猫。
5年前、交通事故にあったところを心優しき猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられ、それ以来、悟の猫として幸せにくらしてきた。しかし、ある事情でナナを手放さなければならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に旅に出る。1人と1匹の旅の行方は──。
引用元:旅猫リポート | 松竹

[sponsered link]


『旅猫リポート』のレビュー・感想

原作の方は未読なので、そちらは機会があったら別途感想を挙げようかと思います。

個人的には、原作未読状態でも先が読みやすい(オチの部分)作品だったかなぁと思います。

なので、意外性とかは特にナシ。でもまぁ展開がわかっていてもホロリと来てしまう。

そこは猫様に弱い私自身のサガかもしれません(笑)

露骨にお涙頂戴感がしなかったのもプラスポイントかなと。

ただ、悟とナナとの掛け合いがやや浮いている(不自然)なような感じも所々見受けられました。

『岩合光昭の世界ネコ歩き』という番組でも、たまにナレーションに対してうーん、と感じることがあるのですが(浮いているような感覚)あの時と似たような感じかも。

猫ちゃんの仕草とかは可愛くて演技は良かったと感じているので、役者さんと自分の感性との相性なのか、あるいは脚本的な部分との相性なのか、そうした部分から来る感覚なのかもしれません。

実際のところ他の方のレビューをチラッと見ていく中でもかなり評価が両極端に分かれているようなので、相性的な部分は如実に出そうだなぁ。

私個人としては、猫が好きで心温まるようなストーリーも好き。そして、ある程度展開が読めてもあまり気にしない、という方は楽しめる作品なんじゃないかなと思います。

[sponsered link]


『旅猫リポート』まとめ

というわけで、『旅猫リポート』を紹介してきました。

ちなみに『旅猫リポート』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント