映画『サバイバルファミリー』 果たして自分にサバイバル能力はあるのか

映画

明日地球がなくなるとしたら、くらいの大規模な内容ではないけれど、

もしもある日突然○○したら〜

といった類の想像をしたことがある人、少なくないんじゃないでしょうか。

今回はそんな「もしも」を考える作品の一つとして『サバイバルファミリー』という映画を紹介したいと思います。

『サバイバルファミリー』概要

映画『サバイバルファミリー』は『ウォーターボーイズ』や『ハッピーフライト』でも知られる矢口史靖氏が監督をつとめた2017年公開の日本の映画です。

あらすじは以下の通りとなります。

ある日、突然サバイバルが始まった ―――!?

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。

そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。
そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

≪東京から脱出する!!≫

家族を待ち受けていたのは、減っていく食料、1本2,500円まで高騰する水、慣れない野宿。高速道路は車ではなく徒歩で移動する人でいっぱい、トンネルは真っ暗すぎて、一歩も進めない。しまいには食糧確保のために、必死で野ブタを追いかけることに…!?
一家は時にぶつかり合いながらも、必死で前へと進むが、さらなる困難が次々と襲いかかる!!

果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか!?
今、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる!!
引用元:サバイバルファミリー – 映画・映像 | 東宝WEBSITE

[sponsered link]


『サバイバルファミリー』のレビュー・感想

大規模な停電であったら起きることも想像できるんですが、電池もバッテリーも何もかもダメってなかなか想像できないなぁ……

という考えがどうしても拭えない分、自分の中ではコメディ色が強い感じがしたような気がします。

今まで当たり前だった環境からガラリと状況が一転する、という点では現在のコロナ禍にも通ずるものもありつつ、

とはいえ、全世界的な電気・電化製品の全面停止というややぶっ飛んでいてリアリティ薄めの設定だからこそ、防災やサバイバルといったテーマでの作品が作りやすいのかもな、とも思ったりします。

3.11を社会人の歳で経験していることもあって(帰宅難民にもなった)、こんな状況になったら自分はどうするだろうかということを全く考えずに観たわけではなかったんですが、

とはいえリアリティを徹底追求する姿勢で見るよりは、ある程度心に遊びを持たせたコメディとして観た方がいい作品かもしれません。

というのも電化製品が全て使えなくなるわけですから劇中で亡くなる人が出るような描写もあっても不思議ではないわけですが、1人も描かれない点にもそれは表れているでしょう。

もちろん、防災備品の状況はどうだったかな、家族とはどこで落ち合うかな、などの確認をしながら観るのは大いにアリだとも思いますけどね。

[sponsered link]


『サバイバルファミリー』まとめ

というわけで、『サバイバルファミリー』を紹介してきました。

ちなみに『サバイバルファミリー』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント