【すみだ水族館】はデートに、家族でのお出かけにオススメ!

お出かけスポット

ゆったりとした時間の流れと神秘的な空間を楽しめるということで、デートスポットとして定番でもある水族館。

今回はそんな中でも、アクセスしやすく雨の日でも遊びに行くことができる、東京スカイツリーのふもとにある「すみだ水族館」を紹介していきたいと思います。

[sponsered link]


すみだ水族館基本情報

住所

〒131-0045
東京都墨田区押上1丁目1-2
東京スカイツリータウン・ソラマチ5-6F

アクセス

●東武スカイツリーラインの「とうきょうスカイツリー駅」からすぐ
●東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線の「押上(スカイツリー前)駅」から徒歩5分

営業時間/定休日

●営業時間
 9:00〜21:00
●定休日
 年中無休です。
 (水族館のメンテナンスやイベント等の影響で入場できないケースがあることも)

料金について

一般的な料金は以下の通りです。

大人:2,050円
高校生:1,500円
中・小学生:1,000円
幼児(3歳以上):600円

なお、入場料金2回分のお値段で買える年間パスポートもあります。
年間パスポートの料金は以下の通り。

大人:4,100円
高校生:3,000円
中・小学生:2,000円
幼児(3歳以上):1,200円

ちなみに、当日受付で並ばずともチケットを事前に購入しておくこともできます。

⇒すみだ水族館窓口に並ばず入場できる前売り電子チケットはこちらから

[sponsered link]


すみだ水族館の見どころ

間近で見られる!可愛いマゼランペンギンたち

すみだ水族館のメインの展示の一つといえば、屋内開放タイプのプール型水槽で見られるマゼランペンギンではないでしょうか。

展示スペースは吹き抜けになっているので、6階にいるときは上から、5階にいるときは横や下から、元気に泳ぐマゼランペンギンたちの姿を見ることができます。

ペンギンがいること自体の物珍しさというのはありませんが、屋内でここまで間近でその姿を見ることができる場所はあまりないのではないでしょうか?

美しく漂うクラゲ

水族館という場所の名物としてあげる人が多い展示の一つに、クラゲは位置しているのではないでしょうか。

すみだ水族館のクラゲの展示も例に漏れず幻想的で美しいです。

ラボっぽい雰囲気のコーナーのほか、「クラゲ万華鏡トンネル」という、季節に合わせたアートともにクラゲを楽しめる展示コーナーもあるので、ぜひ覗きに行ってみてくださいね。

「和」の空間で出会える金魚

「江戸リウム」という江戸をテーマにした装飾とともに、約20品種の金魚を、横から上から、いろんな角度で見ることができる展示コーナーがあります。

ちなみに原産地が中国である金魚は元はフナの突然変異種である「ヒブナ」を品種改良したもの。

金魚は遺伝的に変異を起こしやすいという特性を持っており、その特色を利用して観賞用に勾配が重ねられてきました。

ちなみに金魚の種類は、日本観賞魚振興事業協同組合が認定している日本産の品種だけでも33種、認定されていなかったけれど可能性のある品種も含めると50種類にもなるそうです(2015年時点)

これだけ種類がいると特徴も様々でみていて飽きないですね。

その他の展示を一部紹介

鮮やかな青色が印象的なナンヨウハギ。

ディズニーとピクサーの共同製作作品「ファインディング・ニモ」でおなじみのカクレクマノミ。

後ろの石に完全に同化しているクマドリカエルアンコウ。

皆で同じ方向を向きながらゆらゆら揺れている姿が可愛いチンアナゴ・ニシキアナゴ。

その他にも様々な種類の海の生き物たちが私たちを出迎えてくれます。

ひと休みにペンギンカフェ

マゼランペンギンが泳いでいるプールのすぐそばに、軽食やデザート、ソフトドリンクなどが楽しめる「ペンギンカフェ」があります。

今回は2019年7月12日〜2019年10月31日までの限定ドリンク「金魚ソーダ」を注文してみました。

金魚の形をしたゼリーやカラフルなビーズが目に楽しいですが、何よりビックリしたのが、この金魚型の容器を持って帰れることですね。

その他にもペンギンカフェではブルーキュラソーの透き通った水面に浮かぶペンギンの形をした氷を楽しめる「ペンギンフロート」や、

もちもちした白玉にみたらし・黒蜜&きなこ・あずきのトッピングとペンギンのサブレが添えられた「ペンギン和ッフルソフト」など、

すみだ水族館にちなんだ、見た目から楽しめるメニューが取り揃えられています。

⇒ペンギンカフェの詳細はこちら

[sponsered link]


すみだ水族館でデートする際の注意ポイント

すみだ水族館はアクセスがよく、また屋内の施設なので天候を気にせず遊びに行けること、

21時まで営業しているため仕事終わりにも気軽に立ち寄りやすいなどのメリットがありますが、

一方で施設自体はあまり広くなく、のんびり回っても2時間もかからずに館内を一周できるという点に注意が必要です。

とはいえ、商業施設・ソラマチも隣接しており、東京スカイツリーやコニカミノルタが監修しているプラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウンもすぐそばにあります。

すみだ水族館・東京スカイツリー・プラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウンのそれぞれの入場券を提示することで、

東京ソラマチの対象のお店での購入またはご注文の時におトクなサービスを受けられます。

⇒お得なサービス内容はこちら

デートなどですみだ水族館に行かれる際は、ぜひ周辺施設など、立ち寄ってみたい場所を彼氏・彼女とピックアップしてから行ってみると良いと思います。

すみだ水族館まとめ

今回はオススメのお出かけ場所・デートスポットとしてすみだ水族館を紹介してきました。

仕事終わりにちょっと足を伸ばして癒し空間を楽しみたい。

ショッピングもスカイツリーもプラネタリウムも丸一日全部楽しみたい。

そんな方はぜひ、すみだ水族館に足を運んでみてください!

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント