映画『ピンポン』 暑い夏にぴったりの青春ストーリー

映画

この記事を書いている現在、ゴールデン・ウィークも過ぎてすっかり気候が温暖に……というかすでに夏日を記録し始めている!

そんな季節が来ると、ふとこんなセリフを思い出します。

「アツがナツいぜ!」

というわけで、今回は「ピンポン」という2002年に公開された映画ついてレビュー・感想などを書いていきたいと思います。

映画『ピンポン』概要

『ピンポン』基本情報

『ピンポン』は2002年に公開された日本の映画で、松本大洋さんの同名の漫画が原作となっている作品です。

窪塚洋介さん、井浦新さん(当時はARATA名義)、中村獅童さん、大倉孝二さん、夏木マリさんなどが出演されています。

なお、映画『ピンポン』のあらすじは以下の通りです。

卓球をこよなく愛し、勝つことに絶対的な自信を持ちながら天真爛漫で気分屋のペコと、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイル。二人は幼なじみで、小さい頃から近所にある卓球場、タムラに通っていた。高校生になった二人は共に片瀬高校卓球部に属していたものの練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。そんな二人が対戦すると必ずペコが優位に立つ。しかし、日本卓球界の星と期待された過去を持つ卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付け、執拗に指導しようとする。しかし、クールが信条のスマイルはそんな小泉の熱血指導を拒絶するのだったが……。
引用元:映画 ピンポン(2002)について 映画データベースall cinema

[sponsered link]


『ピンポン』のレビュー・感想

「この星の1等賞になりたいの、卓球で俺は!そんだけ! !」

ペコのこのセリフは当時有名だったかと思いますが、

今思い返してみると、卓球の楽しさで一等賞(インターハイで)を取ってしまったペコの姿に、

あれだけSFもビックリな超人的な技が炸裂しまくりながらも、最後は

「テニスって楽しいじゃん」

で全国大会を制覇してしまった、週間少年ジャンプ連載時の「テニスの王子様」をなんとなく思い出しました。

という与太話はさておき、もちろん卓球への愛だけで苦もなく頂点に立てたわけではありません。

挫折や苦悩、そこから這い上がるための苦労。

大好きな卓球の才があまりなかったアクマと、「暇つぶし」と言い切りながらもその才能が開花したスマイルとの対比。

自分がかつてヒーローと憧れた存在を打ち負かした相手に勝利できてしまう自分、に気づいた時、スマイルはどう思っただろうか?

そんなスマイルをかつて彼のヒーロー的存在だったペコはどう感じたか?どんな思いで彼の待つ決勝戦の舞台に上がるべくドラゴンとの戦いを勝ち抜いたか?

そんな様々な人間模様と、そうしたすべてのことをひっくるめた『青春』を描いた、主演の窪塚洋介さんにとっては代表作の1つと言ってもいいであろう作品に仕上がっています。

さまざまな作品が乱発状態の現代ほどではないものの、悪く言ってしまえば当たり外れの大きい漫画原作の実写化映画の中では原作ファンからの評判も高い、というのも大きなポイントのひとつでしょう。

インターハイの対戦中使われるCGも不自然さがなく、試合の迫力をたくみに描いていたという点も良かったですね。

ちなみにこの映画を私が最初に観たのは小学生の頃だったのですが、

この頃よく窪塚洋介さんが出演されている作品を母と妹とで観に行っていまして。

そんな中で、映画終了後の母の第一声が

「あかり、スマイル好きでしょう」

だったことが大変印象的な作品でもあります。

簡単に言うと、作中のスマイルのビジュアルが好みドストライクだったんですね。

後に立派なメガネ男子好きに育つ藤代あかりの原点が、まさしくこの『ピンポン』という作品でございました。

なので、全国のメガネ男子好き女子は是非この映画を観ましょう。

[sponsered link]


映画『ピンポン』まとめ

というわけで、最後やや脱線しましたが、映画『ピンポン』を紹介してきました。

ちなみに『ピンポン』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント