映画『ピンポン』あらすじ・感想・レビュー

映画

この記事を書いている現在、ゴールデン・ウィークも過ぎてすっかり気候が温暖に……というかすでに夏日を記録し始めている!

そんな季節が来ると、ふとこんなセリフを思い出します。

「アツがナツいぜ!」

というわけで、今回は「ピンポン」という2002年に公開された映画ついてレビュー・感想などを書いていきたいと思います。

映画『ピンポン』概要

『ピンポン』基本情報

『ピンポン』は2002年に公開された日本の映画で、松本大洋さんの同名の漫画が原作となっている作品です。

窪塚洋介さん、井浦新さん(当時はARATA名義)、中村獅童さん、大倉孝二さん、夏木マリさんなどが出演されています。

映画『ピンポン』のあらすじ

幼い頃、いじめられがちだったスマイル(月本誠/井浦新さん)にとって、いじめっ子たちから助けてくれ、卓球の楽しさを教えてくれたペコ(星野裕/窪塚洋介さん)はヒーローのような存在でした。

そんな2人は高校生になると、卓球部に入部します。

そして、そんな中でペコは中国から留学してきている他校生・チャイナ(孔文革(コン・ウェンガ)/サム・リー)さんに戦いを挑みますが、完敗してしまいます。

落ち込むペコに対し、いつでも冷静なクールビューティ・スマイルは
「卓球は暇つぶし」
という言葉を残します。

そんなスマイルの才能に目をつけるコーチの存在。しかしこの時、スマイルはそんなコーチを相手にしません。

夏に開催された卓球のインターハイでスマイルは、ペコをコテンパンに倒したチャイナと対戦することになります。

どんどんチャイナを追い詰めていくスマイル。しかし、卓球と勝利に対して必死なチャイナの姿に、スマイルはわざと彼に負ける選択をします。

一方、ペコはスマイルと同様に幼馴染であるアクマ(佐久間学/大倉孝二さん)との試合に挑みますが、

絶対に勝てるという自信とともに挑んだこの戦いで、ペコは負けてしまいます。落ち込んだペコはなかなか立ち直れません。

なお、この夏のインターハイはチャイナvsドラゴン(風間竜一/中村獅童さん)という対戦カードとなり、ドラゴンが勝って全国性を遂げる形で幕を閉じました。

その後、次回のインターハイに向けて、最初は拒否していたコーチからの猛特訓をスマイルは受けることになります。

そんなスマイルをある日訪ねてきたアクマ。彼はスマイルに対戦を申し込むのですが、コテンパンにやられてしまいます。

「卓球の才能がない」

アクマにそんな言葉を告げるのを影で聞いていたペコ。ペコはこの時、自分のラケットを焼却炉に放り込んでしまいます。

しかし、スマイルとの戦いを経て卓球を辞めることにしたアクマは、ペコにもう一度卓球をやるようにと説得します。

そしてアクマの説得とともに幼い頃に抱いていた卓球への思いを再確認したペコは、もう一度一から卓球と向き合うべく、オババ(夏木マリさん)の元へ特訓を受けるために向かいます。

そして二度目のインターハイ。

ペコは1回戦でいきなり宿敵のチャイナと対戦することになります。

しかし、猛特訓を終えて以前とは全く違う姿のペコ。圧倒されたチャイナはここで敗北してしまいます。

そして、ペコは次にそんなチャイナを打ち負かしたドラゴンと対戦することになるのですが、その時のペコは右膝を故障していました。

試合に出ることをオババに止められましたが、それでも戦いに臨んだペコは、途中、右膝の痛みから球がうまく返せなくなったりといったピンチを迎えます。

しかし、幼い頃憧れたヒーローの姿を思い出し、土壇場で奮起するペコ。

手に汗握る白熱した試合の結果、ペコはついにドラゴンに勝つことができました。

そして迎えた決勝戦。
対戦相手はスマイルです。

2人は向かい合い、そして、いざ尋常に勝負……!

となったところで場面は切り替わり、時は数年後。

卓球場にスーツ姿で現れたスマイルの姿。

そして、彼の背後にはインターハイで優勝したペコの姿と、2位を獲得したスマイルの姿を収めた写真が飾られていました。

ペコが今ではプロの卓球選手として世界で活躍していることを示唆する描写とともに、この映画は終わります。

[sponsered link]


『ピンポン』のレビュー・感想

「この星の1等賞になりたいの、卓球で俺は!そんだけ! !」

ペコのこのセリフは当時有名だったかと思いますが、

今思い返してみると、卓球の楽しさで一等賞(インターハイで)を取ってしまったペコの姿に、

あれだけSFもビックリな超人的な技が炸裂しまくりながらも、最後は

「テニスって楽しいじゃん」

で全国大会を制覇してしまった、週間少年ジャンプ連載時の「テニスの王子様」をなんとなく思い出しました。

という与太話はさておき、もちろん卓球への愛だけで苦もなく頂点に立てたわけではありません。

挫折や苦悩、そこから這い上がるための苦労。

大好きな卓球の才があまりなかったアクマと、「暇つぶし」と言い切りながらもその才能が開花したスマイルとの対比。

自分がかつてヒーローと憧れた存在を打ち負かした相手に勝利できてしまう自分、に気づいた時、スマイルはどう思っただろうか?

そんなスマイルをかつて彼のヒーロー的存在だったペコはどう感じたか?どんな思いで彼の待つ決勝戦の舞台に上がるべくドラゴンとの戦いを勝ち抜いたか?

そんな様々な人間模様と、そうしたすべてのことをひっくるめた『青春』を描いた、主演の窪塚洋介さんにとっては代表作の1つと言ってもいいであろう作品に仕上がっています。

さまざまな作品が乱発状態の現代ほどではないものの、悪く言ってしまえば当たり外れの大きい漫画原作の実写化映画の中では原作ファンからの評判も高い、というのも大きなポイントのひとつでしょう。

インターハイの対戦中使われるCGも不自然さがなく、試合の迫力をたくみに描いていたという点も良かったですね。

ちなみにこの映画を私が最初に観たのは小学生の頃だったのですが、

この頃よく窪塚洋介さんが出演されている作品を母と妹とで観に行っていまして。

そんな中で、映画終了後の母の第一声が

「あかり、スマイル好きでしょう」

だったことが大変印象的な作品でもあります。

簡単に言うと、作中のスマイルのビジュアルが好みドストライクだったんですね。

後に立派なメガネ男子好きに育つ藤代あかりの原点が、まさしくこの『ピンポン』という作品でございました。

なので、全国のメガネ男子好き女子は是非この映画を観ましょう。

[sponsered link]


映画『ピンポン』まとめ

というわけで、最後やや脱線しましたが、映画『ピンポン』を紹介してきました。

ちなみに『ピンポン』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント