映画『ポネット』あらすじ・感想・レビュー

映画

藤代あかり(@akari_fujishiro)です。

親しい友人、愛する恋人や家族など、身近な人が亡くなるということは私たちの人生の中でも特に大きな悲しみを生むできごとです。

その現実とどう向き合っていくか、というのは大人にとっても大変難しいことではありますが、

それが、まだ幼い子どもであったら、どうでしょうか?

4歳の少女は母親の死とどう向き合い、受け入れ、昇華していくのか。

今回はそんなテーマを持った『ポネット』というフランス映画を紹介していきたいと思います。

[sponsered link]


映画『ポネット』概要

『ポネット』基本情報

『ポネット』は1996年(日本での公開は1997年)に公開されたフランスの映画です。監督はジャック・ドワイヨン氏。

なお、『ポネット』は本作品の主人公である少女の名前。

そんな、亡くなってしまった母親の帰りをひたすら信じて待ち続ける4歳のポネットを演じたヴィクトワール・ティヴィソルさんの熱演は高く評価され、

彼女は1996年のヴェネツィア国際映画祭の主演女優賞を史上最年少となる5歳で受賞しています。

『ポネット』あらすじ

交通事故に遭い、それによって突然ママを亡くしてしまった4歳の少女・ポネット。

彼女のパパはポネットに、ママの死を告げ、そして「絶対に死ぬな」と誓わせます。

けれど、ポネットはママが死んだという事実は分かるのですが、その意味を理解できません。

リヨンの街で仕事をしなければならない父親によってポネットは伯母さんの家に預けられますが、彼女は従兄弟のデルフィーヌとマチアスがどんなに遊びに誘っても、お人形のヨヨットを抱えてママの帰りを待ち続けます。

伯母さんはポネットに、ママはもう帰ってこないことや、イエス様とともに天国にいることを優しく諭します。

しかしポネットはやはり理解できず、従姉妹が好きな人が蘇るおまじないを試すのですが、ママはやっぱり帰ってきません。

「死んだ人が戻ってこないのは、生きている人が、その人をほんとうに待っていないから」

頑なにママを待ち続けるポネットに周囲は困り果て、休暇を取って彼女に会いに来たパパは苛立ちを覚えます。

ママは天国にいて、おまえはパパの世界、命ある世界に生きている。そんな考えで居続けるとずっと悲しいままだぞ。

ポネットはパパの言葉に泣きじゃくります。

やがてポネットは従姉妹たちと共に寄宿学校に入ることになりました。

最初は自分の殻に閉じこもり続けてはいたポネット。やがて出会ったユダヤ人の少女アダから、ポネットは「神様の子どもになるテストを受け、合格したら願いが届く」と教えられ、いろんな試練に取り組むようになります。

しかし、神様に気に入られようとどんなに頑張ってもママとは会えず、やがたアントワーヌという少年に

「ママが死ぬんだのはおまえが悪い子だからだ」

と言われ、ポネットは深く傷つき、また自分を責めるようになります。

「死にたい」

そんな言葉を口にした彼女に、「死んじゃダメだからね」とマチアスが優しく慰める言葉をかけてくれても、心に深く刻まれた傷は癒えません。

翌日早朝、ポネットはリュックをしょって、一人で寄宿舎を後にします。

そしてポネットは、ママのお墓の前にたどり着くと、ママを起こそうと土を掘り返し始めるのですが、泣き出してしまいます。

ママにここに来て欲しいと呼びかけるポネット。

すると、まるでその声に応えるかのように、ママが目の前に現れました。

そして2人は墓地を後にし、さまざまな話をしながら歩きます。ママは、ポネットに悲しんで欲しくないこと、前を向いて生きて欲しい、などの言葉をかけます。

やがて訪れた別れの時。ポネットはママに、わたしと一緒にいてくれる?と問いますが、ママは自分は死んでしまったから無理だ、と告げます。

そして、ママはポネットに愛している、と告げ、ポネットもまたママに、愛している、と答えます。

迎えに来たパパの元に、ママによって送り出されたポネット。

彼女はやっと、ママの死を受け入れることができたのでした。

[sponsered link]


『ポネット』のレビュー・感想

キリスト教の教え、また宗教に裏付けされた死生観といった側面から、価値観や人生観の違いを感じる部分はあります。

また、ラストが神様によって引き起こされた奇跡(?)という感じのエンディングについても、

あんなに望んでいた母親と再会できたことが彼女にとっての救いとなったととらえるか、

もっと、たとえば父親など生きている人間の側から彼女を救っていく結末はなかったのかととらえるかによって、評価が分かれそうだな、とも感じました。

とはいえ、大人たちがほとんど出て来ず、代わりに全編を通してポネットを始めとした子どもたちの言動に焦点を当てていたことで、

オブラートに包むといったこともなく、そして相手がどう受け取るかということも考慮されず、かといって悪意があるわけでもない。

「亡くなった人が帰ってこないのは、生きている人たちが本当に待っていないからだ」
「ママが亡くなったのは子どもが悪い子だからだ」

いろんな意味での素直さによるものですが、むき出しの刃物のような本心からの言葉が出てきてしまう、そんな子どもたちの一種残酷とも言える側面がよく描かれた、そんな作品だなと感じました。

それはもちろんこの映画が4歳の少女が母親の死とどう向き合っていくかが主軸の作品だからともいえますが、

大人の視点が過剰に入りすぎなかったことで、過剰な演出を始めとしたお涙頂戴ものに転じていかなかった点が、

わたしがこの作品を好きなひとつの理由でもあります。

ただ、父親を始めとした周りの大人たちといった生きている人の側からのアプローチが彼女が前を向いて歩いていくことにあまり影響しなかったので、

現実に、小さな子どもが死というものに出会った時にどう対応して一緒に向き合っていくか、という問いをもってこの映画を観ると、答えらしきものは得られないかもしれません。

また、キリスト教の思想が深く根付いていない文化で同じようなテーマを取り扱った時にどんな解釈と展開を迎えていくのかも少しみてみたいな、とも思いました。

[sponsered link]


映画『ポネット』まとめ

というわけで、映画『ポネット』を紹介してきました。

身近な人にとっても、そして自分自身についても、誰にとってもいつかは訪れてしまう「死」

その時にどう向き合っていくか。
悲しみとどう折り合いをつけていくか。

自分に子どもがいたら、どうフォローしていくか。

お涙頂戴な展開に惑わされることなくそうしたことを考えていくキッカケとして、ぜひこの映画を観てみてください。

コメント