映画『リリイ・シュシュのすべて』 思春期特有のアンバランスさと音楽

映画

蒼井優さんと山里亮太さんの結婚報道を受けてから、あの映画を観直したい!と思っていた作品があったのですが、最近なかなか時間が取れず……

ようやっと観ることができたので、今回の記事をしたためてみようと思い至りました。

というわけで、今回は蒼井優さんの映画初出演作でもある「リリイ・シュシュのすべて」という2001年に公開された作品ついて、レビュー・感想などを書いていきたいと思います。

映画『リリイ・シュシュのすべて』概要

『リリイ・シュシュのすべて』基本情報

『リリイ・シュシュのすべて』は2001年に公開された、岩井俊二さんが監督された日本の映画作品です。

市原隼人さん、忍成修吾さん、蒼井優さん、大沢たかおさん、稲森いずみさんなど、現在でも第一線で活躍されている方々が多く出演されている作品でもあります。

なお、映画『リリィ・シュシュのすべて』のあらすじは以下の通りです。

中学生になった蓮見雄一は同じクラスの優等生・星野修介と仲良くなる。夏休み、2人はほかの仲間たちと西表島へ旅行に行く。そこで星野は2度命の危険にさらされる。そして逆に、島で知り合ったばかりのバックパッカーのあっけない死を目の当たりにする。旅行から戻った星野は変質し、番長を倒し自らその座に収まり、蓮見はいじめの対象になっていく……。学校での星野の凶悪さは常軌を逸し、その仕打ちに傷つく蓮見は、唯一の慰めとなっていたカリスマ的女性アーティスト“リリイ・シュシュ”のファンサイトを立ち上げ、そこで痛々しい心情を吐露していくのだったが……。
引用元:映画 リリイ・シュシュのすべて(2001)について 映画データベースall cinema

[sponsered link]


『リリィ・シュシュのすべて』のレビュー・感想

「スクールカースト」

という言葉が今では広く認知されるようになったと思いますが、おそらくこの映画が公開された当時はなかったんだろうな、と推測しますが、

その微妙なパワーバランスであったり、独特の閉塞感だったり、思春期だからこその、自分では向き合いきれず扱いきれない感情だとか、

また、真にSOSを出していても大人が介入してこない(できないのか気づいていないのかあえて介入しないのかはさておき)ところも、

描かれている内容はもっと極端でショッキングで、だからこそ自分の思い出の中にああ!と唸るほどの共感できるエピソードはないものの、なんとなくわかるというか、そういった感覚を全編通して味わったように思います。

この映画では、事件も、それぞれの登場人物に起きた問題も、何も解決されておらず、それらしい結論もなく、陰鬱で不安を残したまま終わっていくので、

ハッピーエンドを望まないまでも、鑑賞後に上記のようなモヤモヤっとした気分を残してしまう作品があまり好きではない方にはオススメできません。

ただ、フィクションにありがちな勧善懲悪の思想や展開ではなく、イジメ!ダメ絶対!と頭ごなしに諭しに来るわけでもなかった点は、この作品のいいところなのではないかなと感じています。

(イジメ自体はダメなことだとは思っているのですが)

そういう意味では、この思春期特有のアンバランスさ、危うさを包み込んで隠し、

「青春」

という甘酸っぱい仕上がりにしちゃったような中高生がメインの作品が多い世の中、見飽きたなぁ、もうお腹いっぱいかなぁ、と感じるような時には、

ふと観てみてもいい作品かもしれません。

あと、本作が映画初出演の市原隼人さん&蒼井優さんの幼さの残る顔立ちはやっぱり一見の価値アリです(笑)

[sponsered link]


映画『リリィ・シュシュのすべて』まとめ

というわけで、映画『リリイ・シュシュのすべて』を紹介してきました。

ちなみに『リリイ・シュシュのすべて』ですが、Amazonプライム会員はプライム・ビデオで鑑賞することができます。

よかったらぜひこの機会に観てみてください。

この記事を書いた人:藤代あかり(@akari_fujishiro)

コメント

  1. […] その点は、以前当ブログでも紹介した『リリイ・シュシュのすべて』よりはまだ救いの余地が残されている、ともいえるような気がします。 […]